かきの木幼稚園の保育の柱

文部科学省幼稚園教育要領の五領域(健康人間関係環境言葉表現)に示されるねらいを幼稚園生活の中で、幼児にふさわしく展開させることを基としつつ、次の四項を、当園の保育の柱とします。

1  家庭との連絡を密にして、子どもをとり囲む暖かな人間関係を作り、教育の効果を上げていきたいと思います。親子のふれ合いや友達との関わりを大切にした教育、その子らしく成長して行けるような保育をしたいと思います。
2  遊ぶ子どもを育てたい―子どもは遊びたいと思っています。「遊び」とは(考える、工夫をし、予測し、理解する、組み立て、表現する、驚く、感動する、社会的ルールを理解する、等々)情緒的、感情的、知的発達を促す様々な側面が複合され、展開されているものなのです。「遊べる子どもは何事にも意欲的」好奇心旺盛で頑張りやの子、集中して聞き、学ぼうとする子を育てたいと思います。
  自然の中に生きよう―人間は自然の恩恵に生かされていることを感じよう、自然を愛する心を育てよう。そして「何故?どうなんだろう?」素朴な疑問から豊かな感受性、考える力を養いたいと思います。どんぐりの築山、柿畑、観察農園、飼育小屋、四季の変化を表す沢山の樹木など、教育的配慮から環境を整えています。

  造形的、音楽的表現を通して創造性を豊かにしたいと思います。表現活動は毎日の生活が土台です。一人一人の発想を大切に育てていきたいと思います。(天野式幼児リトミックをカリキュラムに導入)

文部科学省 幼稚園教育領域「5領域」

文部科学省
幼稚園教育要領「五領域」のねらいとは


心身の健康にかんるよう領域「健康
  ●明るく伸び伸びと行動し充実感を味わう。
  ●自分の身体を十分に動かし、進んで運動しようとする。
  ●健康、安全な生活に必要な習慣や態度を身に付ける。

人のかかわりに関する領域「人間関係
  ●幼稚園生活を楽しみ、自分の力で行動することの充実感を味わう
  ●身近な人と楽しみ、かかわりを深め愛情や信頼感を持つ。
  ●社会生活における望ましい習慣や態度を身に付ける。

身近な環境とのかかわりに関する領域「環境
  ●身近な環境に親しみ、自然と触れ合う中で様々な事象に興味や関心を持つ。
  ●身近な環境に自分からかかわり、発見を楽しんだり、考えたりし、それを生活に取り入れようとする。
  ●身近な事象を見たり考えたり扱ったりするなかで、物の性質や数量、文字などに対する感覚を豊かにする。

言葉の獲得に関する領域「言葉
  ●自分の気持ちを言葉で表現する楽しさを味わう。
  ●人の言葉や話などをよく聞き、自分の経験したことや考えたことを話し、伝え合う喜びを味わう。
  ●日常生活に必要な言葉がわかるようになるとともに、絵本や物語などに親しみ、先生や友達と心を通わせる。

感性と表現に関する領域「表現
  ●いろいろなものの美しさなどに対する豊かな感性を持つ。
  ●感じたことや考えたことを自分なりに表現して楽しむ。
  ●生活の中でイメージを豊かにし、様々な表現を楽しむ。